勉強会について

勉強会について

医療法人 優仁会 かとう整形在宅クリニックでは、医療と介護をテーマに定期的に勉強会を開催します。是非、ご参加下さい。
※受講対象者は医療、介護職従事者に限ります。
※勉強会の参加には事前申し込みが必要です。

開催予定の勉強会

2019年3月9日(土)午後3時30分〜
第100回 医療と介護の勉強会 
場所:千里阪急ホテル 仙寿の間
座長:京都大学整形外科 教授 松田秀一 先生
講師:大阪大学整形外科 教授 吉川秀樹 先生

大切なものは目に見えない 〜幸せに生きる秘訣〜

前回の勉強会の様子

第99回 医療と介護の勉強会
在宅医療と虹ねっと
豊中市医師会 副会長 虹ねっと連絡会 会長 前防 昭男 先生

医療と介護の勉強会

2019年2月28日(木)19:00〜

99 回目の勉強会では、豊中市医師会副会長および虹ねっと連絡会会長である前防昭男先生をお招きして医療介護連携の要である「虹ねっと」についてご講演頂きました。
今回の講演では、現在の豊中市の実情や虹ねっとが発足された生い立ち、そして今後の課題などをお話して頂きました。
虹ねっとは平成 19 年に医療と介護の連携に必要性を感じていた方々と豊中市・地域包括支援センターの方々が意見交換会を始めたのがきっかけで発足されました。そこから連携の仕組みづくりをする「虹ねっと連絡会」が発足され、様々な活動をされてきたとの事でした。
今後の高齢社会において地域包括ケアの構築は急務ですが、前防先生は市内だけで地域包括ケアを完結させるのではなく、市外とも連携を交えていく必要性を訴えておられました。医療介護の連携の効果は、急性期レベルでの障害予防を図ること、その方の状態像に合わせて希望に沿った療養場所で安心してケアを受けられること、が目標であると仰っておられました。医療介護連携のポイントは在宅医療の充実であり、その為に、行政との連携強化、医師会非会員との連携を図り普遍性の確保、情報共有の発展、といった課題を挙げられていました。
アットホームなご講演で質疑応答も盛んに行われ、99 回にふさわしい非常に有意義な勉強会となりました。

2019年の勉強会 2018年の勉強会 2017年の勉強会 2016年の勉強会 2015年の勉強会
2014年の勉強会 2013年の勉強会 2012年の勉強会 2011年の勉強会 2010年の勉強会
2009年の勉強会
開催予定の勉強会 2019年の勉強会 2018年の勉強会 2017年の勉強会 2016年の勉強会 2015年の勉強会 2014年の勉強会 2013年の勉強会 2012年の勉強会 2011年の勉強会 2010年の勉強会 2009年の勉強会
外来診療 外来診療のご利用 在宅診療 在宅診療のご利用 よくある質問 患者様の声 連携病院のご紹介
通所リハビリ 通所リハビリのご利用 訪問リハビリ 訪問リハビリのご利用 よくある質問 介護の現状 ケアマネージャー様へ
法人理念・基本方針 院長ご挨拶・ご紹介 スタッフ紹介 訪問エリア アクセス 個人情報保護方針 スタッフ募集
訪問診療依頼票 相談・質問・お問い合わせ
訪問エリア
訪問エリアマップ

大阪府豊中市千里中央を拠点に、豊中市北部、吹田市北部、池田市・箕面市の一部。